今すぐお金が必要な人へ!即日借りる方法や借りる以外の方法で現金を用意するコツを詳しく解説

この記事はPRを含みます

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品のご紹介を行なっております。
当サイトを経由しサービスの申し込みや商品の購入があった場合には、提供企業から報酬を受け取る場合がありますが、これは当サイト内の各サービスの紹介や評価、ランキング等に影響を及びすものではありません。

「今日中にお金を用意しないと携帯が止まる!」「家賃を払わないと部屋を追い出される」など、今すぐお金が必要になることはよくあることです。

今回はお金が必要なシーン別で「今すぐ現金を用意する方法」を詳しく解説します。

結論、今すぐお金が必要な人は、最短即日での借入が可能な大手消費者金融を利用することがおすすめです。

今すぐお金を用意する方法の一覧

監修者
ファイナンシャルプランナー/CFP認定者 水野崇 プロフィール写真ファイナンシャルプランナー/CFP認定者
水野 崇

相談、執筆・監修、講師、取材協力など多方面で活躍する独立系ファイナンシャルプランナー。年間300本以上の執筆・記事監修を手掛けながら、大手金融機関などの企業研修に登壇。
【メディア掲載】毎日新聞東京新聞女性自身プレジデントオンライン日本FP協会 他多数

今すぐお金が必要!即日でお金を用意する方法

まず、返済期日が差し迫っている場合や急な出費が必要になった場合など、今すぐにお金が必要なときに即日でお金を用意する方法を解説します。

即日でお金を用意する方法は6つあります。

消費者金融のカードローンを利用する

1時間以内にお金を借りて現金を用意したいなら、消費者金融のカードローンがおすすめです。

消費者金融がおすすめな理由

審査・融資スピードは各会社で異なりますが、大手消費者金融のプロミスは「最短3分」の融資が可能です。

もちろんすべての方が最短時間で審査が完了するわけではありませんが、遅くても1時間程度で審査が完了する方が多いので十分早いといえるでしょう。

なお、中小消費者金融の場合、審査回答が出るまでに1時間以上、審査状況によっては翌営業日までかかることもあるため注意が必要です。

【大手消費者金融の審査対応可能時間と審査に必要な時間】
消費者金融名 審査対応可能時間 審査に必要な時間
プロミス 9:00~21:00(土日祝含む) 最短3分
アコム 9:00~21:00(土日祝含む) 最短20分
アイフル 9:00~21:00(土日祝含む) 最短18分
レイク 9:00~21:00(日曜日は18時まで) 最短25分
SMBCモビット 9:00~21:00(土日祝含む) 最短30分

※ お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

また、大手消費者金融は夜の21時まで審査をしてくれますし、アプリだけで借りられる「カードレス」に対応している業者がほとんどです。

したがって「夜の21時にカードローンを契約したあと、近くのコンビニで21時半までにお金を借りる」といったこともできます。

消費者金融名 カードレス
(アプリだけのキャッシング)
カードが必要なときの
受取方法と手続終了時間
プロミス アプリ対応可能
※対応可能コンビニ(セブンイレブン)
・自動契約機(9:00~21:00
※契約機により営業時間が異なります)

・郵送
アコム アプリ対応可能
※対応可能コンビニ(セブンイレブン)
・自動契約機(21時まで)※年中無休(年末年始は除く)
・郵送
アイフル アプリ対応可能
※対応可能コンビニ(セブンイレブン、ローソン)
・自動契約機(21時まで)
・郵送
レイク アプリ対応可能
※対応可能コンビニ(セブンイレブン)
・自動契約機(21時まで※日曜日は18時まで)
・郵送
SMBCモビット アプリ対応可能
※対応可能コンビニ(セブンイレブン、ローソン)
・自動契約機(21時まで)
・郵送

参考:
プロミス公式サイト「【よくあるご質問】 スマホATMとはどういったサービスですか?」
アコム公式サイト「アコム公式スマホアプリ「myac」」
アイフル公式サイト「スマホアプリでのお借入方法」
レイク公式サイト「【レイク公式】スマホATM取引」
SMBCモビット公式サイト「スマホATM取引」

クレジットカードのキャッシング枠を利用する

即日でお金を用意するにはクレジットカードのキャッシング機能を利用する方法もあります。

なお、所持しているクレジットカードにキャッシング枠が付帯していない場合は別途申込みと審査が必要です。

キャッシング枠追加の審査にかかる時間はカード会社によって異なりますが、数日程度かかることもあるので急ぎの場合は注意しましょう。

また、キャッシング枠はショッピング枠の範囲内で設定されていることが多く、ショッピングで上限いっぱいまでカードを使用している場合はキャッシングを利用していなくても借りることができないので利用可能額は事前に確認しておきましょう。

質屋でお金を借りる

質屋で「質入れ」をすればその物品の査定額内で融資を受けられます。「質入れ」とは、物品を預けて担保にすることです。

質屋でお金を借りる流れ

物品を通常の買取に出す場合と質に入れる場合の違いは物品が手元に返ってくるかどうかです。

質に入れた場合、借りた金額をきちんと返せば物品を手元に戻すことができるので物品に愛着がある方は質屋を利用するのが良いでしょう。

親や友人に借りる

無審査で借りたいなら親や知人に借りるのがおすすめです。

カードローンなどでお金を借りた場合は必ず審査に通過しなければいけません。

収入が安定していない人や他社ローンで延滞しているなど審査通過に不安がある人は、カードローンを利用しないほうが良い場合もありますが、親や知人の支援が受けられるなら無審査かつ無利子で借りられるためおすすめです。

ただし、「金の切れ目が縁の切れ目」とも言います。いくら親しい仲でも返済予定日などの決まり事は、借用書などに記載して双方保管しておくようにしましょう。

リサイクルショップや質屋で不用品を売る

ブランド物や貴金属を持っているなど、売れるような不用品があるなら「不用品買取」でお金を手に入れる方法があります。

ただし、買取ショップが休みの日だと現金化できず、商品によっては値段がつかずに「買取不可」となる場合もあります

できるだけ時間に余裕をもって買い取ってもらいましょう。

即日払いのアルバイトをする

即日払いのアルバイトは原則として働いた日の仕事終わりに給料がもらえるため、「今日中にお金が必要だけど借りたくない」という方におすすめです。

「タイミー」のようなバイトアプリなら履歴書や面接なしで働けて、給料は即日入金されますよ。

参考までに、バイトアプリ「タイミー」の申込みから入金までの流れをご紹介します。銀行口座にもよりますが、振込対応時間内なら働いたその日に入金してもらうことも可能です。

バイトアプリタイミー入金までの流れ
  • STEP①アプリに登録
  • STEP②バイト募集を探す
  • STEP③バイトに申し込む(本人確認書類の提出)
  • STEP④チェックインして働き、業務が終了したらチェックアウト
  • STEP⑤評価を実施し報酬確定。振込申請して現金をゲット
参考:タイミー公式サイト「【タイミーやってみた】登録から入金まで、タイミーの使い方を解説|社会人2年目が体験!」

今すぐお金が必要!1時間以内に借りたいなら大手消費者金融のアプリがおすすめ

大手消費者金融一覧※1 お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。
※2 お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
※3 申込の曜日や時間帯によって翌日以降の取扱となる場合あり

「今すぐお金が必要」「1時間以内に現金を借りたい」と思うなら、大手消費者金融のアプリがおすすめです。

アプリだけで借りられる消費者金融であれば契約が完了次第、近所のセブン-イレブンやローソンですぐにキャッシングが可能です。

わざわざカードを取りに行く必要もないですし、郵送を待つ必要もありません。

また、大手消費者金融は運転免許証など、基本的な身分証明書があれば申し込みが可能です。一定の契約限度額以下なら、原則収入証明書も不要です。

できるだけ手間なく早めに現金を用意したいなら、審査に時間がかかる銀行カードローンなどではなく、大手消費者金融から検討しましょう。

アイフルは最短18分※1で審査が終わりスマホアプリですぐに借りられる

aiful banner

アイフルはWeb申込なら最短18分※1で審査通過・借入ができる当サイトおすすめのカードローンです。

スマホアプリでセブン銀行ATMやローソン銀行ATMですぐに借り入れできるので、カードを発行する必要もありません。

また、インターネット振り込みなら手続き後、すぐに(土日祝問わず)お持ちの銀行口座にお金を振り込んでくれます。※2

基本情報
年齢 満20歳〜69歳
審査スピード 最短18分※1
融資スピード 最短18分※1
電話連絡 原則なし
自宅への郵送物 原則なし
金利 年3.0%〜18.0%
利用限度額 1万円〜800万円
借入方法 ・振込
・スマホアプリ(セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM)
・提携ATM(コンビニ、銀行)

今すぐお金が必要という方は原則24時間365日、最短10秒で振り込んでくれる即時振込サービスを利用しましょう。※2

※1 お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。
※2 システムメンテナンスの時間帯を除く/一部金融機関を除く

参考:アイフル公式サイト「24時間365日即時振込サービス開始」

アイフルで今すぐお金を借りる方法

①Webで申し込む(審査最短18分
②スマホアプリ(セブン銀行ATM、ローソンATM)か即時振込サービスを利用する

※ お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。

プロミスは最短3分※1で借入可能

promise banner
※申込み時間や審査により希望に添えない場合あり

プロミスは消費者金融の中でも格段に早い最短3分※1で借り入れができるカードローンです。

ネット振込もしくはコンビニATM(スマホアプリ利用)ならカードレスでお金をすぐに借りられるので、急いでいる方はプロミスを選びましょう。

また、ネット振込は24時間365日※2(土日祝OK)借入可能で、申し込みから最短10秒※3で振り込んでくれます。

基本情報
年齢 18歳〜74歳
※申込時の年齢が18歳および19歳の場合は収入証明書類の提出が必須
※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込不可
※収入が年金のみの方は申込不可
審査スピード 最短3分※1
融資スピード 最短3分※1
在籍確認 原則電話による在籍確認なし
金利 年4.5%〜17.8%
利用限度額 500万円まで
借入方法 ・振込
・スマホアプリ(セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM)
・提携ATM

※1 申込み時間や審査により希望に添えない場合あり
※2 メンテンナンスにより利用できない時間帯もございます。
※3 金融機関により異なります。

他の消費者金融は上限金利が18%なのに対し、プロミスの上限金利は17.8%です。0.2%とわずかな差ですが少しでも利息を抑えたい方にもおすすめです。

プロミスで今すぐお金を借りる方法

①Webかアプリから申し込み
②Webで契約する
③振込かスマホアプリ(セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM)で借り入れをする

アコムはWEBから最短20分※1で融資可能

acom banner

アコムは最短20分※1で借り入れ可能で、カードを作らないWEB完結にも対応している消費者金融です。

原則電話による在籍確認もない※2ので、「職場が休みで審査が進まない…」ということも少なく済むでしょう。

また、マイページから申し込めば原則24時間365日、最短10秒※3で銀行口座に振り込んでくれるので、すぐにお金を借りたい方にもアコムはおすすめです。

基本情報
年齢 20歳以上
審査スピード 最短20分※1
融資スピード 最短20分※1
在籍確認 原則なし ※2
金利 年3.0%〜18.0%
利用限度額 1万円〜800万円
借入方法 ・振込
・スマホアプリ(セブン銀行ATM)
・提携ATM

※1 お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
※2 電話での確認はせずに書面やご申告内容での確認を実施。
※3 金融機関・お申込時間帯によってはご利用いただけない場合がございます。

また、カードローンにショッピング機能が付いた「ACマスターカード」もあり、クレジットカードとカードローンを1枚にまとめることもできます。

ACマスターカードも最短即日で発行可能なので、カードローンだけでなくクレジットカードもすぐに欲しいという方はアコムを申し込みましょう。

アコムで今すぐお金を借りる方法

①Webで申し込む
②カードレスで契約し、インターネット振込もしくはスマホアプリ(セブン銀行ATM)で借りる

※ファイナンシャルプラスではアフィリエイトプログラムを利用し、
アコム社から委託を受け広告収益を得て運用しております

SMBCモビットの振込は最短3分

stores banner

SMBCモビットは最短30分で審査が完了し、最短3分で振り込んでもらえるカードローンです。

即日融資にも対応しているので希望する方はネットで申し込んだ後、コールセンターに電話して即日融資希望あることを伝えてください。

また、三井住友銀行内にあるローン契約機なら、申し込みからカード発行、借入までその場で完結するので、急いでいる方はローン契約機もおすすめです。

基本情報
年齢 20歳以上〜74歳以下
※収入が年金のみの方は申込不可
審査スピード 最短30分
※申込の曜日や時間帯によって翌日以降の取扱となる場合あり
融資スピード 最短3分
在籍確認 原則なし
金利 年3.0%〜18.0%
利用限度額 800万円まで
借入方法 ・振込
・スマホアプリ(セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM)
・提携ATM
・LINE Pay送金

SMBCモビットは審査スピードが最短30分と他の消費者金融に比べるとやや遅めですが、SMBCグループなので安心して利用できるカードローンです。

また、大手消費者金融では珍しく返済でVポイントが貯められるサービスが特徴的です。

LINEアプリの連携をしたり、返済時の利息に対してVポイントが貯まるので、普段からVポイントを貯めている人はSMBCモビットを選びましょう。

SMBCモビットで今すぐお金を借りる方法

①Webで申し込み
②SMBCモビットコールセンターへ電話(申込完了画面のユーザーIDを確認しておくこと)
③振込もしくはコンビニATMなどで借入

大手消費者金融で今すぐお金を用意するコツ

すぐに現金が借りられる大手消費者金融ですが、今すぐお金を用意するにはいくつかのコツがあります。

例えば、スピーディーな審査手続きを進めてもらうには「不備なく必要書類を用意する」などのコツがあるのです。

いずれも簡単にできることばかりですので、今すぐお金を借りたいなら次のポイントをおさえておきましょう。

【大手消費者金融で今すぐお金を用意するコツ】

  1. 審査対応可能時間内で早めに申し込む
  2. 必要書類を不備なく用意する
  3. 電話連絡やメール対応ができるようにしておく
  4. 普段から他社ローンやクレジットカードで延滞しない
  5. アプリだけで借りられるカードローンを選ぶ

審査対応可能時間内で早めに申し込む

今すぐお金を用意したいなら、消費者金融の審査対応可能時間内に手続きを終わらせましょう。

ほとんどの大手消費者金融の審査可能時間は、9:00~21:00までです。そのため、下記のケースに該当すると審査手続きや借入れが翌営業日以降になるため注意が必要です。

審査手続きや借入れが翌営業日以降になってしまうケース
  1. 深夜や早朝など審査対応可能時間外に申し込んだ
  2. 審査終了ギリギリに申込手続きをスタートさせ、21時までに手続きが完了しなかった
  3. 手続き内容や必要書類に不備があり審査が長引いた
  4. 本人連絡や在籍確認に手間取り、審査対応時間中に完結しなかった
  5. 通信トラブルなどがあり、スマホやパソコンがつながらず手続きができなかった
カードローンの申込手続きでは予測できないトラブルも起こり得ます。突然インターネットがつながらず、しばらく手続きができないケースが発生するかもしれません。

急なトラブルや書類不備にも対応できるように、できれば審査終了時間の1時間前には手続きをスタートさせましょう。

必要書類を不備なく用意する

審査を早く終わらせて早めにお金を借りたいなら、必要書類を不備なく用意する必要があります。

本人確認や収入証明で利用できるものの例

下記はよくある書類不備の例です。スマートフォンで手続きする場合は、スマホカメラで運転免許証などを撮影し、書類を提出しなければいけません。

手ブレなどが原因で書類不備とならないよう、書類を提出する際は慎重に手続きするよう心がけましょう。

【カードローンの申込みでよくある書類不備の例】
本人確認書類 運転免許証など本人確認書類の有効期限が切れている
現在の居住地と運転免許証記載の住所が違う
旧姓の名前になっている
撮影時の手ブレで文字が不鮮明
必要な場所が撮影されていない
収入証明書(源泉徴収票や給与明細など) 書類が古い(一昨年の源泉徴収票など)
書類に本人や勤務先名が記載されていない
撮影時の手ブレで文字が不鮮明
必要な場所が撮影されていない
偽造した書類を使っている

「〇〇カードローン 必要書類」と検索して、申込予定のカードローン公式サイトで確認すると必要書類の条件や注意点が出てきます。手続き途中に慌てないためにも、事前に書類を準備しておくのがおすすめです。

電話連絡やメール対応ができるようにしておく

カードローンに申し込んだあとは電話連絡やメール対応ができるように準備しておきましょう。

審査確認や審査に通過したときは必ず電話かメールで連絡が入ります。

審査に通過できてもメールに届いた契約ページに進まないとキャッシングはできません。

「原則電話連絡なし」としている大手消費者金融は多いですが、手続き途中で不明な点が出てくると、申込者本人に電話がかかってくるケースもあります。

下記に連絡不備でよくあるケースをまとめていますので、このような状況にならないように十分注意しましょう。

電話連絡やメール対応ができない4つのケース
  1. 迷惑メールに振り分けられていて受信できない
  2. アドレス帳以外の電話番号からの電話を受けない設定になっている
  3. 仕事や家事で電話に出られない
  4. 家族が一緒にいるため電話に出られない
電話やメール対応ができない事情や時間帯がある場合は、早めにコールセンターなどに連絡を入れて、事前に相談するといいでしょう。

大手消費者金融の対応は親切です。何らかのアドバイスや代替案を示してくれます。

普段から他社ローンやクレジットカードで延滞しない

今すぐお金が必要なら絶対に他社ローンやクレジットカードで延滞してはいけません。

例え少額や数日の延滞でも信用情報に傷がつき、カードローンの審査の際にネガティブな影響を与えてしまいます。

お金を借りる際は大手消費者金融でも銀行カードローンでも、かならず「信用情報の照会」が行われます。

個人の信用情報は「CIC、JICC、全国銀行個人情報センター」と呼ばれる国が認めた情報機関に記録されていますが、申込者の他社ローンにおける利用状況や返済履歴が含まれます。

信用情報機関と貸金業者の仕組み

一般的なカードローン審査のステップ
STEP①申し込み
STEP②審査(信用情報の照会、書類チェック)
STEP③契約
STEP④融資
上記②の審査段階ではコンピューターが信用情報にアクセスし、他社ローンの利用状況を照会します。信用情報に他社延滞や債務整理の情報が残っていると、次のステップに進めなくなり審査に落ちることになるでしょう。

ネガティブな信用情報は一部の情報を除き信用情報機関に最長5年間残ります。(銀行関連の自己破産情報は7年残ります)

1日返済に遅れても延滞記録は残るため、くれぐれも他社延滞には注意しましょう。

※カードローン審査で照会される信用情報機関
信用情報機関のCIC(消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などが加盟)
信用情報機関のJICC(消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などが加盟)
全国銀行個人信用情報センター(銀行や信用金庫などの金融機関が加盟)

※信用情報の共有について

貸金業法では、複数の指定信用情報機関がある場合には、貸金業者が全ての指定信用情報機関を利用でき、顧客の総借入残高を把握できるように、指定信用情報機関間での情報交流が義務づけられています。

アプリだけで借りられて24時間振込に対応しているカードローンを選ぶ

スピーディーにお金を借りたいなら、アプリだけで借りられるカードローンを選びましょう。

「カード発行されるまで借りられない」など、手続きに時間がかかるカードローンだと現金を手に入れるまでに時間がかかります。

また、振込キャッシングを希望しているなら「24時間振込」に対応しているカードローンがおすすめです。

例えば、アコムなら楽天銀行への振込みが土日祝日問わず24時間いつでも最短10秒で完了するため、急ぎでお金が必要なときでも安心ですよ。

カードローンを選ぶ場合は「アプリの対応可否」「24時間振込可否」の2点は、かならず確認しておきましょう。

今すぐお金が必要!1週間以内にお金を用意する方法

お金が必要な日まで1週間程度の猶予がある場合は、即日お金を用意する方法に加えて選択肢が少し増えます。

しかし、中には利用できる方が限られる方法もあるので自分に合った無理のない方法を実践しましょう。

1週間以内に借りたいなら低金利の銀行カードローン

「3日以内に借りたい」「1週間以内に借りたい」など、比較的時間に余裕があるなら、低金利の銀行カードローンを検討しましょう。

消費者金融カードローンと銀行カードローン、どちらにするか迷った場合は下記の表を参考にしてください。
消費者金融か銀行カードローンかのフローチャート

銀行カードローンは原則即日借入れができません。

そのため、月曜日に申し込んでも実際に借りられるのは火曜日以降になるケースがほとんどです。

銀行カードローンに申し込むと銀行と保証会社の二重審査が実施されるため、大手消費者金融の審査より時間がかかるのが一般的です。

【代表的な銀行カードローンと審査に必要な時間】
銀行カードローン名 審査回答までにかかる時間 審査対応可能時間(コールセンター受付時間※Web申込は24時間可能) 保証会社
三菱UFJ銀行バンクイック 最短即日だが翌日以降になる場合が多い 平日:9:00~21:00
土日祝:9:00~17時
アコム株式会社
三井住友銀行カードローン 最短即日だが3~5日後になるケースも多い 9:00~20:00 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
楽天銀行スーパーローン 数日後 平日:9:00~19:30
土日祝:9:00~17:30
楽天カード株式会社
SMBCファイナンスサービス株式会社
PayPay銀行カードローン 最短即日だが数日かかるケースが多い 平日:9:00~17:00
土日祝休み
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
りそな銀行カードローン 1週間以内
(2週間以上かかる場合あり)
平日10:00~17:00 りそなカード株式会社
オリックス・クレジット株式会社
株式会社オリエントコーポレーション
横浜銀行カードローン 最短即日だが数日かかる場合がある 平日:9:00~20:00
土日祝:9:00~17:00
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

参考:
三菱UFJ銀行公式サイト「カードローン「バンクイック」」
三井住友銀行公式サイト「【カードローン】審査結果を知りたい 」
楽天銀行公式サイト「カードローンの審査・ 時間や在籍確認などについて」
PayPay銀行公式サイト「お客さまサポート (個人のお客さま)
りそな銀行公式サイト「カードローンの審査にはどのくらいの時間がかかりますか?」
横浜銀行公式サイト「マンガでわかる!横浜銀行カードローン」

銀行カードローンは審査に時間がかかるデメリットがありますが、その一方で大手消費者金融より4%前後金利が低いのがメリットです。

「それほど急いではない」「低金利で負担が少ないカードローンがいい」という方は、銀行カードローンから優先的に検討するといいでしょう。

監修者のコメント
ファイナンシャルプランナー/CFP認定者 水野崇 プロフィール写真ファイナンシャルプランナー/CFP認定者
水野 崇

急にお金が必要となった場合、担保や保証人が不要ですぐにお金を借りられるカードローンを検討する方は多いでしょう。
カードローンの申込みには審査がありますが、最近は最短3分で審査が終わるカードローンもあります。カードローンは銀行系と消費者金融系に分けられますが、それぞれにメリット・デメリットがありますので、ご自身の状況に合わせて検討しましょう。

生命保険の契約者貸付制度を利用する

解約返戻金がある生命保険を契約しているなら、契約者貸付で借りられないか調べてみましょう。

「保険の契約者貸付」とは契約した生命保険の解約返戻金を担保に融資が受けられるサービスのことです。

契約者貸付制度について

金利も保険の契約時期により2%~4%など低金利で借りられるので返済負担も軽いですが、契約者貸付で借りたお金を返済しないと生命保険が強制解約されたり解約返戻金が戻ってこなくなったりします

安易に借りた結果返済できなくなり、「保障が受けられなくなった」など、困らないように計画的な利用を心がけましょう。

【ジブラルタ生命 契約者貸付】

契約者貸付とは、一時的に資金が必要になった場合、ご加入いただいている生命保険をご解約することなく、解約返戻金の一定範囲内で契約者さまに、ご用立てする制度です

給料の前払い制度を利用する

勤務先で給料の前借りができないか確認してみる方法もあるでしょう。

小さな会社なら社長に頼み込んで前借りする方法もありますし、勤務先が「給与前借アプリ」などを導入している場合は、事前申請なしでアプリだけで前借りできる場合もあります

楽天早トク給与などのアプリを導入している会社なら、自分が働いた給料の90%程度まで前借りできます。

ただし、前借りた月の翌月は手取りが少なくなるため、必要以上に借りるのは控えましょう。

参考:楽天早トク給与

ゆうちょ銀行で定期預金を行っている人は貯金担保自動貸付けを利用する

ゆうちょ銀行で定期預金を行っている場合は「貯金担保自動貸付け」という制度を利用できます。

「貯金担保自動貸付け」とは通常貯金の残高を超える払戻し請求があったときに、その不足分が自動的に貸し付けられる制度のことです。

項目 内容
貸付担保 担保定額貯金または担保定期貯金
貸付条件 預入金額の90%以内、かつ総合口座1口座につき300万円まで
貸付期間 貸付けの日から2年(担保とする貯金が先に満期を迎える場合は、その満期までの期間)
貸付の回数 回数の上限なし

契約状況によっては貯金担保自動貸付けが利用できないように設定されている可能性があるので事前によく確認しましょう。

参考:ゆうちょ銀行「貯金担保自動貸付け」

今すぐお金が必要!1ヶ月以内にお金を用意する方法

お金が必要な日まで1ヶ月の猶予がある場合は、お金を借りる以外の選択ができる可能性があります。

しかし、時間に余裕があっても必ずしも必要金額が手に入るわけではないので、しっかりと計画を立てていろいろな方法を実践しましょう。

メルカリなどのアプリで不用品を売る

メルカリなどのアプリで不用品を売る方法もおすすめです。

不用品買取ショップで買い取ってもらえないような商品でも、欲しい人の目に留まれば高値で売れる場合もあります。

フリマアプリとリサイクルショップの違い

ただし、メルカリは相手が商品を受け取らないと売上金として反映されません。場合によっては現金化できるまで時間がかかるケースがあるため、注意が必要です。

参考:メルカリ公式サイト「商品が売れたあとの流れ」

クラウドソーシングなどの副業で稼ぐ

お金が必要な日まで1ヶ月程度余裕がある方は副業で稼ぐ方法もおすすめです。

例えば、「クラウドソーシング」というサービスは仕事を発注したい企業(業務をアウトソーシングしたい企業)と働きたい個人をマッチングしてくれるので、気軽に副業を始められます。

クラウドソーシングを提供している会社はいくつかあり、代表的なのが「クラウドワークス」と「ランサーズ」です。

それぞれのサイトにはさまざまな仕事が募集されているので、自分の得意分野で稼ぐことができます。

クラウドソーシングで募集されている仕事の例
  • Instagramの投稿で月3万円の収入
  • Webライターで月10万円の収入
  • 営業代行で月5万円の収入
  • デザインやロゴの作成で1案件3万円の収入
ライティングやデザインなどのスキルを持っている人なら、ある程度の経験を積めば自宅に居ながらでも月20万円の収入を得ることも可能です。

ただし、クラウドソーシングは案件が完了してから入金されるまで時間がかかる点に注意が必要です。

月末締め翌月15日払い、または翌月末での支払いがほとんどのため、急ぎでお金が必要な場合は他の手段を考える必要があります。

ランサーズ口座から実際の口座への出金スケジュールは、下記の通りです。

  1. 毎月15日締め当月末支払い
  2. 毎月月末締め、翌月15日支払い

 ※支払日が土日祝日等の場合、前営業日が支払い日となります。予めご了承ください。

ポイントサイトでポイントをコツコツ貯める

1ヶ月あればポイントサイトでポイントを貯めて換金することでお金を用意できる可能性があります。

ポイントサイトはキャッシングと違って返済の必要がなく、利息などの無駄も省けるメリットがあります。

なお、ポイントサイトを利用する場合は「ポイント付与が反映されるまでの期間」と「ポイントを換金完了するまでの期間」をしっかり確認することが重要です。

お金が必要な日から逆算し、可能な限り余裕を持って利用しましょう。

今すぐお金が必要でも返済できないときの対処法

今すぐお金が必要でも「返済できる見込みがない」など、生活費にさえ困っているケースもあるでしょう。

返済できる見込みがないときは無理に借りるのではなく、次の4つの方法を試してみましょう。

  1. 緊急小口資金などの公的融資を検討する
  2. 失業保険や職業訓練受講給付金をもらう
  3. 病気やケガで働けない場合は傷病手当金を利用する
  4. 働けず他の制度でも給付を受けられない場合は生活保護制度を利用する

緊急小口資金なら10万円を無利子で借りられる

どうしてもお金に困っているなら地域の福祉協議会が取り扱っている緊急小口資金に申し込んでみましょう。

「高齢者であること」「働けないこと」「障がい者であること」などの条件をクリアする必要がありますが、緊急小口資金なら10万円までを無利子で借りられます。返済も2ヵ月程度猶予してもらえますので、当面の生活には困らないでしょう。

【生活困窮者が申し込める福祉資金の例】
利用限度額 貸付金利 返済期間
緊急小口資金 10万円 無利子 1年以内(貸付日から2ヵ月間は返済猶予期間)
生活支援費 2人以上の世帯:月20万円
単身世帯:月15万円以内
連帯保証人あり:無利子
連帯保証人なし:年1.5%
10年以内(貸付日から6ヵ月間は返済猶予期間)

参考:福祉協議会公式サイト

失業保険や職業訓練受講給付金をもらう

失業してお金がないなら失業保険や職業訓練受講給付金がもらえないか確認してみましょう。

職業訓練受講給付金は雇用保険を受給できない人を対象に、公的職業訓練の受講を条件に一定額の手当を支給するものです。

要件を満たせば学校に行きながら月額10万円を受け取れるため、当面の生活費をやりくりするのにも役立ちます。

自分が対象者かわからない場合は、地域のハローワークで相談してみましょう。

参考:職業訓練受講給付金について
参考:ハローワーク公式サイト 失業手当について

病気やケガで働けない場合は傷病手当金を利用する

「傷病手当金」とは病気やケガのために会社を休んだ際に支給される手当のことです。

傷病手当金を受給するためには、健康保険に加入していることに加えて画像の条件を全て満たす必要があります

傷病手当金について解説した画像

出典:生命保険文化センター

そのほかの詳しい条件や受給の手続き方法は、勤務先または加入している健康保険協会に確認してください。

参考:全国健康保険協会「病気やケガで会社を休んだとき(傷病手当金)」

働けず他の制度でも給付を受けられない場合は生活保護制度を利用する

働くことができないが傷病手当金も受給できない場合、生活保護制度の利用を検討しましょう。

生活保護は下記のように8種類の扶助を支給することで「健康で文化的な生活」を送る支援を行っています。

生活保護の種類

自分の状況に応じて必要なもの・利用できるものを確認してください。

なお、生活保護制度を利用するには申請をして調査を受ける必要があるので、お住まいの市町村役場窓口やケースワーカーに早めに相談しましょう。

参考:厚生労働省「生活保護制度」

学生や主婦が今すぐお金を用意する方法

学生や主婦は「収入がない」または「収入が安定しない」と見なされることが多く、消費者金融や銀行カードローンで審査落ちすることがあります

しかし、貸付対象が学生や主婦向けのカードローンを利用すれば定収入でも審査に通り、お金を借りることが可能です。

【学生や主婦が今すぐお金を用意する方法】

学生ローンや内定者専用ローン

学生なら学生専門で融資をしてくれる学生ローンや内定者専用ローンが利用できないか、検討してみましょう。

学生ローンは大手消費者金融よりも若干金利が低いケースも多く、親の承諾なしで借りられる業者もあります

なかには18歳から利用できる学生ローンも存在します。

また「来春から就職が決まっている」という学生なら、ろうきんなどが扱う内定者専用ローンもおすすめです。

就職までに必要な引っ越し費用や、当面の生活費などを工面できます。

【学生が利用できるローン】
ローン名 貸付金利 利用限度額
東海ろうきん
就職内定者向けローン みらいず
実質年率4.7% 100万円
中国銀行
目的ローン(内定者申込可)
実質年率5.775% 500万円
学生ローン
フレンド田
実質年率12.0%~17.0% 50万円
大手消費者金融
(プロミス、アコム、アイフル、レイク、SMBCモビット)
実質年率約18.0% 学生が借りる場合は5万円~50万円程度まで

参考:
東海ろうきん公式サイト「就職内定者向けローン みらいず」
中国銀行公式サイト「目的ローン」
フレンド田公式サイト

パートをしている主婦なら消費者金融カードローンも申込可能

収入がない学生や主婦は大手消費者金融を利用できませんが、2~3ヵ月のあいだパートやアルバイトをして安定収入を得ていれば、審査に通過できる可能性が出てきます。

プロミスやアコムなどの大手消費者金融の申込条件には「安定収入があること」と書かれているだけで、勤続年数の指定はありません。

3ヵ月程度勤務していれば直近3ヵ月の給与明細なども提出できます。

大手消費者金融に「きちんと働いていること」をアピールできれば、融資を受けられる可能性も高いです。

どうしても審査通過したいなら、パートやアルバイトで一定期間収入を得る方法がないか、検討してみましょう。

専業主婦は配偶者貸付を利用する

専業主婦なら配偶者貸付を検討してみましょう。

消費者金融カードローンの申込条件は「本人に安定収入があること」が必須です。

そのため、大手消費者金融は本人に収入がない専業主婦は申込対象外となってしまい、仮に申し込んでも審査に落ちてしまいます。

「配偶者貸付」制度が利用できる消費者金融なら、配偶者の収入と夫婦の借入額次第で融資が受けられる可能性があります

配偶者貸付について

配偶者の同意書が必要ですが、どうしてもお金に困っているなら、下記のベルーナノーティスなど配偶者貸付が利用できる業者で相談してみるのもひとつの方法です。

配偶者の同意を得る必要がありますが、借入本人と配偶者の収入を合算して、その3分の1までの借入れを可能とする「配偶者貸付」という総量規制の「例外」制度があります

参考:
ベルーナノーティス公式サイト「配偶者貸付」
SMBCファイナンスサービス公式サイト「配偶者貸付け契約のご案内」

今すぐお金が必要でも絶対NGな4つの行動

今すぐお金が必要でも下記4つの行動は絶対にNGです。

  1. 個人間融資の利用
  2. 無審査で借りられる貸金業者
  3. クレジットカードの現金化
  4. 書類偽造やなりすましによるカードローンの申し込み

安易に怪しい業者などからお金を借りると、後々法外な利息に苦しめられることになります。簡単に借りられるからといって、連絡先を伝えたり相談する行為も危険です。

個人間融資は闇金の可能性大

「X」や「インターネット掲示板」などで募集されている個人間融資は絶対に利用してはいけません。

「個人的にお金貸します」「身分証明書だけでLINEで融資します」などといった書き込みは、個人ではなく闇金が運営している可能性が高いです。

個人間融資を利用すると下記のような被害に遭う可能性が高いです。審査なしで安易に借りられるからといって利用すると、後々後悔することになります。

連絡先を交換するなどといった安易な行為も、やめましょう。

【政府広報オンライン 個人間融資の代表的なトラブル】

(1)法外な利息の支払いを求められる
(2)保証金をだまし取られる
(3)性的な関係を要求される
(4)個人情報をネットでさらされる

参考:政府広報オンライン「新たな手口のヤミ金融に注意!「#個人間融資」「給与ファクタリング」」

無審査で借りられる貸金業者は違法

「無審査で3万円貸します」「ブラックでもOK!」など、簡単に借りられるような宣伝をしている業者も利用してはいけません。

2010年の貸金業法改正により、貸金業者が融資をする際は信用情報の照会が義務付けられ、返済能力を超えた過剰融資は原則禁止されています。

消費者金融と闇金の違い

したがって「簡単に借りられる」などと広告を出している業者は、ほぼ貸金業法を守らない違法業者と思っていいでしょう。

【貸金業法改正の概要】

  • 過剰貸付防止等について自主規制ルールの制定を義務付け
  • 年収の把握や指定信用情報機関の信用情報の使用による返済能力調査の義務付け
  • 総借入残高が年収の3分の1を超える貸付けなど、返済能力を超えた貸付けを原則禁止

参考:首相官邸ホームページ「金融庁資料「貸金業法改正等の概要」」

クレジットカードの現金化は規約違反

クレジットカードの現金化は規約違反となるため、絶対にしてはいけません。

クレジットカードの現金化とは、はじめから換金目的でカードで商品を購入し、自分で転売したり現金化業者で現金に替えてもらう行為のことです。

カードで買った商品を現金化すると、買った金額の90~95%しか現金は入ってきません。

当面は金欠をしのげるかもしれませんが、結果的には損をしてしまいます。

現金化は規約違反ですし、違反が見つかるとクレジットカードが使えなくなるので、お金に困っていても絶対にカードの現金化には手を出さないようにしましょう。

【クレジットカード規約の例※楽天カードの場合】

◆会員は、次の各号の行為のためにカードを利用してはならないものとします

クレジットカードご利用可能枠の現金化を目的とする商品若しくは権利の購入又は役務の受領

◆会員が、支払いを怠る等本規約に違反した場合、違反するおそれがある場合、会員のカード利用状況について、換金目的とした商品購入の疑いがある等不適当又は不審があると当社が認めた場合、~(中略)~次の措置をとることができるものとします。

カードの利用断り
カードの利用停止(カードショッピングの全部又は一部の利用停止、カードキャッシングの全部又は一部の利用停止及びカード付帯サービス・機能の全部又は一部の利用停止を含む)
当社が必要と認めた法的措置

書類の偽造やなりすましカードローン申込みは法的リスクあり

審査通過が不安で本人確認書類を偽造したり、他人になりすましてカードローンに申し込んだりするのは絶対にやめましょう。

虚偽の申告で融資を申し込むのは、消費者金融や銀行の規約違反です。アリバイ会社などを使って、嘘の勤務先で申し込むのもNGです。

運よく審査通過できても、消費者金融や銀行は利用中にも途上審査(※)を実施しています。
※途上審査とは……ローン利用中などに定期的に本人の信用調査を実施すること

申込時や利用中に虚偽申込が発覚すると、カードローンは強制解約となり、残債を一括返済するよう求められます。

そもそも「審査通過が不安」ということは、返済できない確率が高いです。返済見込みがないなら、虚偽申込などはせず、はじめから公的支援を検討するようにしましょう。

今すぐお金が必要なときによくあるQ&A

お金について気になることがあっても周りの人には聞きづらいという方も多いのではないでしょうか。

ここからは今すぐにお金が必要なときによくある質問をQ&A形式で解説します。

あらかじめ疑問をなくし、お金に対する不安を少しでも軽減しておきましょう。

無審査でお金を用意する方法は?

無審査でお金を用意するには下記のような方法があります。

  • 契約済のクレジットカードのキャッシングを利用する
  • 質屋に入れて融資を受ける
  • 不用品を売る
  • 家族や友人からお金を借りる

なお、無審査でお金を借りることができる」と謳っているサービスは闇金なので絶対に利用しないでください。

ブラックリストに載っていてもすぐにお金を作れる?

結論からいうとブラックリストに載っている場合はすぐにお金を作るのが難しいです。

お金を借りるには審査が必要になりますが、ブラックリストの人は基本的に審査に通りません。

ブラックリストの人が新規で借入できない仕組み

そのため、すぐにお金を用意するには無審査でお金を用意する方法は?」で紹介したお金を借りる以外の方法を検討しましょう。

コンビニATMを利用してお金を借りる方法はある?

コンビニATMを利用してお金を借りる方法は2通りあります。

  • コンビニATMでの借入に対応しているカードローンを利用する
  • クレジットカードのキャッシングを利用する

カードローンの多くはコンビニATMでの借入に対応していますが、一部対象外のものもあるので事前によく確認しておきましょう。

今すぐお金が必要まとめ

急にお金が必要になることは、誰にでも起こり得ます。すぐに現金が必要なら「返済できる見込みがあるか?」「いつまでに必要か?」を見極めて、最適な方法でお金を用意するといいでしょう。

個人間融資や闇金などに手を出すのは危険です。

どうしてもお金が必要で途方に暮れているなら、国や自治体に相談したり、無料で相談できる弁護士などに相談するのがおすすめです。

※ファイナンシャルプラスではアフィリエイトプログラムを利用し、アコム社から委託を受け広告収益を得て運用しております。

・当サイトで紹介の内容は各商品やサービス等を提供する企業様の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている内容は各商品やサービス等の内容について何らかの保証をするものではありません
・当サイトの内容は各記事の作成日・更新日現在のものとなっております。それ以降に内容が変更されている場合がございます。最新の情報は各公式サイトにてご確認いただきますようお願いいたします
・当サイトで紹介されている内容は当社の意見であり、各企業等の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている意見は、その内容および商品・サービスについていかなる保証をするものではありません
おすすめの記事