ミッション

人を不幸にしないための、デジタルと

ビジョン

はじまること、
出会うこと、
成長すること、
遊ぶこと、
学ぶこと、
挑戦すること、
愛すること、
失敗しても、
またはじめられること。

前に進む人生のすべてに、
一緒にいるデジタルを提供していく。
無意識のうちに、つい、
あきらめてしまっていることを、
叶えられることに変えていく。

バリュー

未来志向

叶えられないような夢を、
実現していく未来に変えよう。

超マッハスピード

成功角度を上げるための
最大の武器はスピード。

振り返り精度を上げるための
最大の武器はスピード。

クライアント、市場、競合は待ってくれない。

360°超マッハスピード。
スピードを持て。

できないことより、やれる方法を考える

答えは、やる。目標を達成する。

だから、やれる方法だけを考える。
「考え抜き」「やり抜く」

それ以外は、ない。

120%自分ごと

会社は、自分。

自分が夢を見れば、会社が夢を見る。
自分が想いやれれば、会社が想いやる。
自分が止まれば、会社が止まる。

自分は、会社。

Integrity

あなたの仕事、会社の利益は、
家族に誇れるものになっていますか。

健全で持続的な成長の中でしか、
中長期的な企業価値は生まれない。

その未来は、
自分を、人を、不幸にしないのか。

ストーリー

リアルワールド(旧社名)は2005年の創業から
インターネットを通じてリアルを豊かにする
ミッション「ネットからリアルへ」を掲げ、
事業を行ってまいりました。

多くのお客様、お取引先様からご愛顧いただき、
メディア・クラウドソーシング共に成長を続け、
2014年には東証マザーズに上場。
2016年には売上46億円、サービス会員数1000万人、
従業員数(バイト含)は230名を突破いたしました。

しかしながら、2017年以降、
大きく変化し続ける市場環境の中で、
事業・組織ともに苦戦が続き、
企業としての大きな困難に直面しました。

変わりゆく時代の中で私たちが目指すものは何か。
リアルワールドグループは大きな岐路に立ちました。

私たちは、上場企業でありながらも、
挑戦者、成長し続ける存在でありたい。
変わっていく世の中で、
価値を提供する企業、
成長する企業であり続けたい。

その想いから、
売上や人員数だけの規模の追求、
見せかけや上辺を捨て、
事業・組織の抜本的変革を決意・断行しました。

泉ガーデン33階からの移転を皮切りに、
事業売却・統廃合を進め、
集大成として創業からの中心事業であった
「Gendama」事業を2020年10月1日に売却。

唯一、創業からのフィンテック事業
(旧ポイント交換事業)のみ残し、
新たに「デジタルギフトサービス」を立ち上げ、
組織体制も一新いたしました。

結果、抜本的経営改革を遂行した初月は
月商517万円のスタートとなりましたが、
よりシンプルで筋肉質、
本質的な絶対利益成長を実現する
経営基盤を構築することができました。

私たちは今の自分たちを
「上場スタートアップ」と位置づけています。

挑戦者として
積極的に事業を展開していくこの改革が、
近い将来、絶対利益成長の実現と
企業価値の向上につながると確信し、
2022年4月、社名を
「デジタルプラス」へと変更致しました。

【社員数】
2019年9月期1Q

230

連結(アルバイト・臨時含む)

2019年9月期2Q

20

【販管費】
2018年9月期4Q

1.5億円 / 月

FY2018連結販管費平均水準

2019年9月期4Q

2,500万円 / 月

※のれん代除く

【子会社数】
2018年9月期4Q

6

2018年9月期4Q

1

【オフィス】
2018年9月期4Q

1,500万円 / 月

2018年9月期4Q

230万円 / 月

2019年11月より

デジタルplus